ファリネ 抗炎症作用について

ファリネ 抗炎症作用について

ファリネ 抗炎症作用について、私なりに詳しく・解りやすくまとめてみました。
抗炎症作用」という言葉は時々、聞く言葉だと思いますが??
でもいざ答えようと思ったら、はっきりと答えられないものですね?

 

抗炎症作用とは?

@炎症を抑える作用

 

Aお肌に生じた炎症を鎮める作用のこと

 

抗炎症作用は、炎症を抑えて、鎮めて、炎症の拡大を防ぎます。
抗炎症作用があるものには、薬やサプリメント・食べ物・化粧品などの肌につけるものがあります。

 

炎症とは何??

病院などで、炎症って言葉を聞くと「ええっ、どうなってんの?」と、凄いことが起こってるんじゃないかとおもってしまいますよね?
だって、火が二つ・体の中が燃えてるのかな?? なんて・・・・・・・・

 

実は、その逆で体の中が燃えてるんじゃなくて、外から攻撃してきた物に対して、自己防衛しようとして生じている現象なのです。対外から、ウィルスや細菌が体の中に入り込むと、熱が出たり・しんどくなってしまいます。蚊にさされると、皮膚が赤く腫れてかゆくなります。
このような全ての症状が、炎症なのです。外から襲ってきた物に対して、身を守る為の反応です。

 

体が、異常を教えているような感じですね。

 

 

 

このように炎症は、体を守る為に・防御する為に起こるわけなのですが

 

症状として、かゆみ・痛み・熱など辛いものばかりです。

 

これらの辛い症状を抑えて・鎮めて・炎症の拡大を防ぐものを抗炎症作用といいます。

 

抗炎症作用があるものは、薬や食べ物、肌につけるもの(化粧品など)などがあります。

 

ファリネは、手汗を抑えてケアしますから肌につける化粧品と同じ分類かもしれません。

 

ファリネには、抗炎症作用のある成分である「経皮吸収型ビタミンE」が配合されているのです !!

 

⇒ファリネはこちら

ファリネの、抗炎症作用のある「経皮吸収型ビタミンE」とは?

ファリネに配合されている、抗炎症作用のある「経皮吸収型ビタミンE」とは?

 

ファリネには、皮膚の角質防止、保湿、抗炎症作用で美肌を生み出す、「経皮吸収型ビタミンE」が配合されています。

 

経皮吸収型とは?

 

皮膚の表面・表皮を通り抜けて、真皮やその下にまで成分がしみ込んで吸収されること

 

経皮吸収型ビタミンEとは、ビタミンEが奥まで吸収される訳ですね。

 

ビタミンEとは?

 

ファリネは、天然ビタミンEが配合されています
(ビタミンEには、 「天然型」・「天然」・「 合成」の3種類あります)

 

ビタミンEについて、ネットで調べていくとほとんどが薬や健康食品・サプリメントのことが多いのです。
ファリネに関して言えば、手につける化粧品の分野で調べて見ました。

 

化粧品としての、ビタミンEは?

 

ビタミンEは、直接に皮膚から吸収されて、血行促進・皮膚温を上昇させ、微小血管の透過性亢進を抑制します。
また、皮膚の角質防止、過酸化脂質の障害抑制、保湿効果、メラニンの沈着抑制、抗炎症作用、発毛促進効果、紫外線防御効果、化粧品の安定性向上等の多彩な作用・効果も認められています。
清浄用化粧品、頭髪化粧品、基礎化粧品、メークアップ化粧品、芳香化粧品、日焼け・日焼け止め化粧品等に利用されています。
主にも化粧品・医薬部外品の原料としての幅広い応用が期待されています。

 

乾燥肌の方で、保湿が必要な方に、肌損傷を防止し、肌細胞膜保護を通じてしっとり柔らかい肌を作ってくれます。
また強力な抗酸化作用を通じ、紫外線から肌を保護して肌と身体にエネルギーを与え、元気な肌を維持するようにします。

 

                                     (ネットの文章を引用しています)

 

このように見て見ますと、ビタミンEの可能性はますます広がっていくようですね。

 

ファリネは「経皮吸収型ビタミンE」を配合することにより、抗炎症作用がパワーアップしているのです。

 

 

⇒ファリネで 抗炎症作用アップ